経営理念

日本古来の伝統文化を継承し
企業の繁栄と社員の幸福を目的とする
有意義な人生創造をめざす

ごあいさつ

未来とは往々にして、過去の反対側で語られる。
誰でもSNSを駆使し、瞬時に最新の情報を得ることで効率よく行動することが出来る。しかし
それは一見、正しく未来に向かっているようにも思えるが、本当にそうだろうか。

災いを払うために、干し鰯の頭を戸口に差し込んだり、
お盆に茄子の馬をつくり、霊棚に供えていた古来から伝わる風習を、
時代が変わったといって忘れ去っていくことは
幸せな未来へ向かっていることになるのだろうか?

移り変わっていく時代の中で忘れられていく、日本古来の伝統文化を大切にしていきながら、
はなふさは未来をめざしていきたい。

社名
株式会社 人形のはなふさ
創業
江戸・享保2年(1717年)
本社
〒680-0942 鳥取県鳥取市湖山町東3丁目1
TEL.0857-37-3300 FAX.0857-31-5512
事業内容
ひな人形、五月人形、お祝着、結納、掛軸をはじめ、盆提灯、仏壇などの日本伝統文化にかかわる商品を扱う。
フォトスタジオも併設。

あゆみ

1717年(江戸・享保2年)
創業
1791年(江戸・寛政3年)
屋号を「ふでや」とし、人形製造、販売を始める
1966年(昭和41年)
九代目・英 勉が製造直販の人形店として法人化
「株式会社 英本店」を鳥取市今町に設立する
1969年(昭和44年)
この頃より山陰地方初となるアニメの動画CMを放送
CMソングには歌手の天地総子さんを起用
1976年(昭和51年)
鳥取駅前店が山陰一の規模でオープン
1977年(昭和52年)
第一回人形供養祭を開始
1984年(昭和59年)
米子店オープン(米子市西福原)
1986年(昭和61年)
松江店オープン(松江市上乃木町)
1988年(昭和63年)
出雲店オープン(出雲市渡橋町)
1992年(平成4年)
倉吉店オープン(旧倉吉サンピア内)
1993年(平成5年)
鳥取店(旧 総本店)が鳥取市湖山町にオープン
完成式には、TV出演などで大変な人気だったきんさん・ぎんさんを招いて
盛大なオープニングセレモニーを開催
1996年(平成8年)
現社長・英 義人が社長に就任 十代目となる
米子店が米子市西福原に新築移転
ワンフロアでは日本最大規模の人形店となる
1998年(平成10年)
倉吉店が倉吉市海田西町に新築移転
2002年(平成14年)
鳥取店・米子店に「仏壇フロア」オープン
2003年(平成15年)
浜田店オープン(浜田市福屋内)
2007年(平成19年)
鳥取店(旧 総本店)・米子店に「はなちゃんフォトスタジオ」オープン
2016年(平成28年)
鳥取駅前店が「仏壇専門館 はなふさのお仏壇」としてオープン
2016年〜2020年
七田式はなふさ各教室開校
2016年(平成28年)鳥取教室・松江教室
2018年(平成30年)出雲教室
2020年(令和2年)米子教室
2017年(平成29年)
総業300年祭 開催
PAGE TOP