天神さま

節句人形でわからないことがあったら、節句人形アドバイザーにお気軽にご相談ください。

節句人形アドバイザーについてはこちらから

天神さまの由来

古くから天神さまは、天から降りてきた雷の神とされており、人々に崇められていました。

代々学問をもって朝廷に仕える菅原家に生まれ、幼少より神童と称され、人並み外れて優れた才能を持っていた菅原道真公が天神信仰と結びつき、現在の形である雷や雨を操る学問の神となりました。

三月三日(地方によっては四月三日)雛祭りは、女児の祭りとして行われていますが、地方によっては男児・女児を同時に祝う風習もあります。天神さまの卓越した才能にあやかれるよう願いを込めて飾ります。

天神さまに込められた願い

賢くなりますように
幼いころから神童と称され、文章生(当時の大学)から二名のみ選ばれる文章得業生に最年少で合格。
三三歳の頃、学者最高位の文章博士となりました。多くの人材を教育した学者でありながら、政治家としても宇多天皇の厚い信任を受け右大臣にまで栄進を続けました。
字がきれいになりますように
菅原道真は書も達筆で、空海・小野道風とともに「書の三聖」といわれました。
その菅原道真を主祭神とする北野天満宮の筆始祭では、菅公御遺愛の「松風の硯」「角盥」・若水を満たした「水差し」・短冊・筆・墨をお供えして、書道の上達を祈願します。
こころ豊かに育ちますように
五歳で和歌を詠み、十歳で漢詩を創作。十四歳で詠んだ詩は、 当時の第一級の詩歌を載せた『和漢朗詠集』に採用されるなど、詩歌に才を見せた菅原道真。詠まれた詩は多くの聴き手に感動を与え、柿本人麿・山部赤人と並び「和歌三神」といわれていました。
梅鉢紋・梅の花
梅鉢紋・梅の花
道真公は梅の花を大変愛しており、家紋にも梅を使っていました。

「飛梅伝説」大宰府に向かった道真公を追って、京の都から一晩で主の屋敷へと梅が飛んだといわれています。

天神人形の種類と選び方

天神人形の顔は、描き髭と髭付きの衣装着と、木目込みの3種類がございます。

  • 衣装着描き髭
    衣装着描き髭
  • 衣装着付け髭
    衣装着付け髭
  • 木目込み
    木目込み

天神人形の段飾り、ケースの大きさは実に様々。
来店前に飾るスペースの大きさを測っておくと便利です。
天神人形についてわからないことがあれば、気軽に専門の販売員に聞いてみましょう。

  • 収納飾り
    収納飾り
  • 平飾り
    平飾り
  • 三段飾り
    三段飾り
  • 立天神平飾り
    立天神平飾り
  • 木目込み
    木目込み
  • ケース
    ケース

有名作家

人形作家
人形作家
社団法人 日本人形協会節句人形工芸士
学問の神 菅原道真公の高貴で威厳ある姿を表現した作品です。

有名作家

人形作家・伝統工芸士
人形作家・伝統工芸士
ふっくらとした作風が特徴の木目込み雛。

有名作家

有名作家
有名作家
石川佳正の木目込人形は、ほのぼのふっくらとした顔立ちが特徴です。

有名作家

天神掛軸

お子様やお孫様が誕生した家族へのお祝いとしても贈ります。
卓越した才能にあやかれるよう願いをこめて飾ります。