ひなまつりの由来とお祝いの仕方

流しびなとひいなあそび

赤ちゃんが産まれて初めて迎える節句を初節句といい、女の子は3月3日の桃の節句にひな祭りとして祝います。(「弥生の節句」「上巳の節句」とも呼ばれます。)

これは子供の健康と幸せを願う父母、祖父母たちの祈りから生まれた平安時代から伝わる伝統行事です。昔の人々は、人間の災厄や穢れ、病気などを人形(ひとがた)に代わらせることができると信じていました。

初めは紙や稲わらで作った人形、型代(かたしろ)に願いを込めて、お酒やご馳走を供え、お祀りして川や海へ流したものです。この行事はいろいろな形で各地に残っており、その中でも鳥取県の用瀬町で行なわれる流しびなは全国的にも有名です。

この「流しびな」の行事が、当時宮廷貴族の間で行われていた「ひいなあそび」と一つになって、次第に形を変えながら、現在のひな祭りとなったのです。

流しびなとひいなあそび

もちがせの流しびな
もちがせの流しびな
用瀬町には、ひな段に飾られた流しびなを毎年旧暦の3月3日に千代川(せんだいがわ)に流す民俗行事がいまなおも受け継がれています。
正装した女の子がローソクを灯して川まで送っていき、おひなさまと一緒に桃の花、白酒、ひし餅など添えて一年間の健康と幸せを祈ります。(昭和60年、県無形民俗文化財に“もちがせの雛送り“として指定されています。)
もちがせの流しびな竹の骨に赤い色紙をはって作った素朴な紙雛。男女一対を桟俵にのせてあります。

初節句 お祝いの仕方

ひな人形は、立春(2月4日)頃から2月中旬にかけて、日の良い日を選んで飾ります。初節句なら1月頃から飾ってもよいでしょう。現在では新暦の3月3日に祝うところが多くなりましたが、地方によっては、月遅れの4月3日に祝うところもあります。

節句当日、または『宵節句(よいぜっく)』といいその前夜、両家の祖父母を始め、親戚、普段親しくしている人たちをお招きします。ひな祭りのごちそうは、ちらし寿司とハマグリのお吸い物が定番。ハマグリは、貝がらが一対で自分のフタでなければ絶対に合わないことから、これを夫婦に例えて良い伴侶に恵まれ幸せになるという言い伝えのある縁起物です。

おひなさまには菱餅やひなあられ、長寿を祈る白酒を供えます。もともとひな祭りは野外での行事だったため、野外でも安心してたべられるよう「ひなあられ」が登場したと言われています。また、「一粒のご飯も大切にするよう、台所を預かる女性への心遣いを教えるもの」としてひな飾りに供えられたとも言われます。春らんまんのときに迎えるひな祭りは、美しく華やかな伝統行事です。きれいなおひな様を眺めながら、家族や友人たちとおいしいごちそうを囲まれてはいかがでしょう。

初節句 お祝いの仕方

お出迎え人形 市松人形
お迎え人形 市松人形
江戸中期の人気歌舞伎役者であった佐野川市松が名前の由来となっています。
おひなさまは母方の里から贈られる場合が多いですが、「可愛い孫のために何かお祝いを」という父方の祖父母の想いから、おひなさまをお迎えする人形として市松人形を用意する方が増えています。
母方の里から届くおひなさまをお迎えする人形というわけです。
無病息災 つるし雛
無病息災を願って… つるし雛
江戸後期から伝わる風習でひな段の脇に吊るします。
人形には全て意味があり、代表的なものは「巾着」「さるぼぼ」など。巾着は「物やお金に不自由しないよう」、さるぼぼは「厄が去る」を意味します。
人形は、着物のはぎれやちりめん素材で作られており、日本の四季折々の風土に合う柄選び、型取り、縫いあげという工程を経ています。
おひなさまを彩る 節句掛軸
おひなさまを彩る 節句掛軸
お子様やお孫様が誕生した家族へのお祝いとしても贈ります。
立雛の掛軸は男雛と女雛のように将来の幸せを願って飾ります。
お誕生祝い 名前旗
お誕生祝い 名前旗
誕生を祝い、たくさんの思いを込めて命名した大切なお名前。
名前旗はおひなさまをより華やかにする脇飾りとして、お子様の門出を演出します。
初節句 内祝い
初節句のお祝いやひな人形などを頂いたお返しに、御礼の品を贈ります。
お菓子や日用品、また現在では「お子様の名前入ギフト」がとっても人気です。

ギフト 贈る人の想いをのせて
各種ギフトカタログ請求はこちらからお問い合わせ下さい

ひなまつり写真 応募用紙

ひなまつり 写真募集
人形のはなふさのお雛様と一緒に“ひなまつり”を迎えられたお子様の写真を募集しています。
ご応募いただいた写真は毎年5/10より各店内にて展示いたします。
応募はこちらからお問い合わせ下さい。
※応募締め切り:毎年4/20
ご応募お待ちしております。

節句人形でわからないことがあったら、節句人形アドバイザーにお気軽にご相談ください。

節句人形アドバイザーについてはこちらから