ひもおとしってなぁに? Q&A

七五三とひもおとしは同じもの?
同じ行事です。
地方によっては男の子は三歳と五歳、女の子は三歳と七歳で祝うところもありますが、山陰地方では男女とも満三歳からお詣りしてお祝いします。
そして七五三のことを「紐落し」と呼ぶだけに、女の子は三歳から本式の帯を締めて祝います。
11月15日にお詣りするようになったのはなぜですか。
もともと七五三は、正月の吉日か、誕生日に行なわれていました。
それが11月15日になったのは、中国の陰陽道によるところの年中で最も良い吉日にあたること、
また秋の実りを神に感謝する祭りの日であったこと、
さらに、徳川五代将軍「綱吉」の子「徳松」の祝儀を行なったことからこの日に定まったといわれています。
お祝いは数え年?満年齢?
昔は数え年でお祝いをしていましたが、現在は満年齢でお祝いすることが一般的になっています
しかし、お子様の生まれ月や成長具合もそれぞれです。無理をさせないことが一番。
良い思い出になるように、お子様の成長具合、ご家族の都合や地域の風習などに合わせて柔軟に対応しましょう。
家族の服装・兄弟がいる場合の服装はどうしたらいいですか。
家族の服装は、お子様の健やかな成長と神前に祈る心を込めて、お子様の服装と格に揃えることも必要です。
主役であるお子様を引き立てるような服装、例えば和服なら訪問着や小紋、洋服ならスーツやアンサンブルが適当です。
父親はやはりスーツがよいですね。もし兄、姉が5歳や7歳であれば着物が望ましいでしょう。
兄弟・姉妹揃っての着物姿はなんとも可愛らしいものです。
千歳飴にも意味があるのですか。
千歳飴は、浅草で「千年飴」「寿命飴」として売られていたのが始まりという説と、1615年に大阪の平野甚左衛門が江戸に出て売り始めたという2つの説があります。
子供の長寿の願いを込めて細く長く、また縁起がよいとされる紅白になっています。
袋も鶴亀や松竹梅などの縁起の良い絵柄が描かれています。
着付やヘアメイクはどうすればよいですか。
はなちゃんフォトスタジオの美容スタッフは、提携美容院のプロの美容師ですので、シーズン中以外でも常に美容に携わっているプロならではの最新の技術と知識で、お子様の魅力を最大限に引き出します。
ご予約からお支度、撮影まで全て当店のみで承ることが出来ます。
伝統の日本髪から流行のヘアスタイルまで何でもご相談ください。
お詣りは近くの神社へ行くものですか。
基本的には近くの氏神様へお詣りに行くのがしきたりとして残っていますが、近年では有名な神社へお詣りに行かれる方もふえてきています。
どちらの場合もお子様の体力を考え、ご祈祷料(初穂料・玉串料等)、駐車場の有無、込み具合などを事前に調べておくとよいでしょう。