ひもおとし ひもおとしって なぁに? ちょっと大人になることね

ひもおとし

お子様の健やかな成長を神様に感謝し、将来の幸せと健康を祈る行事。

山陰地方は七五三のことを「ひも落とし」と呼んでいます。
これは、生まれてすぐのお宮参りの祝い着には、ひもが付いていますが、
3歳になるとそのひもを取り帯を締めて七五三参りをすることに由来するといわれています。

七五三の由来となったお祝い事
七五三は、奇数を縁起のよい数と考える中国の思想に基づくものですが、日本の社会ではその昔、公家や武家で行われていた子供の祝儀が原型といわれています。
三歳のお祝い「髪置の儀」
平安時代は、男女ともに生まれて7日目に産毛を剃り、三歳になるまでは頭上に丸く髪を残す芥子坊などの髪型でした。
そして三歳の春を迎えると、髪を伸ばし始める儀式をしました。髪置親といい、産みの親以外で長寿や子宝に恵まれた人に儀式上の親になってもらい、すが糸で作った白髪のかつらや、真綿の帽子を子供の頭にかぶせ、白髪頭になるまで長生きするようにと長寿を祈りました。
その後、最初はおかっぱ頭、前髪が伸びてくると振り分けに、女子はやがて振り分けの「おすべらかし」となりました。
以後は夫に先立たれることでもなければ、生涯髪を切りませんでした。
五歳のお祝い「袴着の儀」
五歳の男児が初めて袴をはく儀式をいいます。
子どもを碁盤の上に立たせて、袴親(儀式上の親)が裃(かみしも)をつけるという作法がありました。
碁盤は「勝負の場」の象徴として用いており、この子が大きくなって出会うであろう人生での様々な「勝負の場」で四方を制するという意味が込められています。
現代でも宮中では古式にのっとった「袴着の儀」が行われています。
七歳のお祝い「帯解の儀」
七歳の女児が着物に付いている付け紐を取って、初めて本式の帯を締める儀式をいいます。
帯は「魂をその内にしっかりとどめておく」という意味があり、帯を締めることにより、身をもちくずすことのないように、という願いが込められています。

ひもおとし お祝い着

その他用意するもの
・肌着
・腰紐
・角帯
・長襦袢
その他用意するもの
・肌着
・腰紐
・裾よけ
・長襦袢
・帯板
・帯枕
・ハンドバッグ
・伊達〆

※帯は、初めから形づけられた着付けの楽な結び帯と、大人と同じようにアレンジできる袋帯があります。

みーんなそろえてかわいくコーディネート!
小物も重要なアイテム。小物の合わせ方次第で着物の印象は変わってしまいます。
だからこそ小物もこだわって選びたいですね。
お祝い着 選び方のポイント
お祝い着 選び方のポイント

着物の色やブランドなどもそうですが、「正統派な感じがいい」「とにかく可愛く!」など雰囲気だけでもいいのでぜひ伝えてみてください。

着物は帯や小物の色合わせで雰囲気が驚くほど変わりますので、着物のプロに聞くのが早くて確実です!

着物の色や柄を選ばれる際は、古典柄から個性的な柄の入ったブランド着物まで、男女問わずそれぞれ個性に合わせて選んであげましょう。京都織元直仕入の高級呉服は、はなふさだからできる納得の価格でご奉仕します。