端午節句の由来とお祝いの仕方

端午の節句(五月五日)のいわれ

端午の節句(五月五日)のいわれ

端午の節句の歴史は古く、その起源は奈良時代からと伝えられています。奈良〜平安時代にかけての節句は病気や災厄をさけるための行事が行われる重要な祭日で、宮廷では菖蒲を飾り、薬草を配ったり、また練武の催しを行ったりしました。

鎌倉時代の武家社会になると、武士の間で菖蒲と尚武(武を重んじること)をかけて、盛んに行われるようになりました。そして江戸時代には武士だけでなく一般の人々の間にも広がり、家の後継ぎとして生まれた男の子が無事成長していくことを祈り、一族の繁栄を願う重要な行事となったのです。現在に近い節句飾りが見られるようになったのもこの頃で、屋外には幟や鯉のぼり、屋内には鎧や兜、武者人形を飾るようになりました。

このように端午の節句はかたちを変えながらも男の子の誕生を祝い、健やかな成長を祝う大切な行事として受け継がれています。

鯉のぼりの由来

鯉のぼりの由来

江戸時代、端午の節句が庶民に広がっていきますが幟を立てることは許されておらず、代わりに鯉のぼりを上げるようになります。

鯉のぼりは中国の登竜門の故事に由来しています。昔々、黄河の上流「竜門」という滝で、ある時一匹の鯉が激しく落ちる滝水に逆らいながらも懸命に滝を登りきった瞬間、鯉はまぶしく輝きながら龍へと変身し、天に昇っていったというお話です。ここから、困難に遭遇してもたくましく立ち向かい、やがて成功することを願って鯉のぼりが生まれたといわれています。

初節句 お祝いの仕方

現在では、新暦の5月5日に祝うところが多くなりましたが、地方によっては月おくれの6月5日に祝うところもあります。
山陰地方でも鳥取、倉吉は新暦の5月5日、米子、松江、出雲、石見地方、兵庫県但馬地方では月おくれの6月5日に祝うところが多いようです。

節句前夜を「宵節句(よいぜっく)」といい、両家の祖父母を始め親戚、普段親しくしている方たちをお招きします。
端午の節句のお供え物として柏餅を包む柏の葉は、新芽が出ないと古い葉が落ちないことから「跡継が途絶えない」「子孫繁栄」と言い伝えのある縁起物です。

菖 蒲
菖蒲はその香りの強さから邪気を払い疫病を遠ざけることができるということから
端午の節句に欠かせないものです。
菖蒲葺き … ヨモギと対にして軒にさし、魔よけとして使われました。
菖蒲湯 …… お風呂に菖蒲の根つきの葉を浮かべて入浴します。
菖蒲酒 …… お酒にいれます。
菖蒲枕 …… 枕もとに置きます。
菖蒲は「勝負」「尚武」と通じると考えられて、ちょうど端午の節句の時(旧暦)に咲くことからたくましく育ちますようにと祈りをこめて飾られます。
魔除けの張り子虎 開運白虎
魔除けの張り子虎 開運白虎
邪気を追い払い幸せをもたらすといわれています。
五月節句掛軸
五月節句掛軸
お子様やお孫様が誕生した家族へのお祝いとしても贈ります。
健やかな成長、立身出世などを願って飾ります。
名前旗
名前旗
誕生を祝い、たくさんの思いを込めて命名した大切なお名前。
名前旗は脇飾りとして、お子様の門出を演出します。
初節句 内祝い
初節句のお祝いや五月人形などを頂いたお返しに、御礼の品を贈ります。
お菓子や日用品、また現在では「お子様の名前入ギフト」がとっても人気です。

ギフト 贈る人の想いをのせて
各種ギフトカタログ請求はこちらからお問い合わせ下さい

端午の節句写真 応募用紙

端午の節句 写真募集
人形のはなふさの五月人形と一緒に“端午の節句”を迎えられたお子様の写真を募集しています。ご応募いただいた写真は毎年6/15より各店内にて展示いたします。
応募はこちらからお問い合わせ下さい。
※応募締め切り:毎年5/31
ご応募お待ちしております。

節句人形でわからないことがあったら、節句人形アドバイザーにお気軽にご相談ください。

節句人形アドバイザーについてはこちらから