五月人形の飾り方としまい方

鎧・兜・大将飾りの飾り方

飾る場所を決めましょう
直射日光が当たる場所、エアコンの近くなどを避け、気温や湿度が急激に変化しないホコリの少ないところに飾りましょう。
台の下に毛せんや紙を敷くと畳や床を傷めません。
床の間のある場所は床の間に飾ります。ない場合は南向きや東向きになるように飾りましょう。
どこから飾ればいいの?
三段飾りの場合は上の段から飾りましょう。
平台飾りは手前から飾ると奥のものを倒してしまうので、奥から飾っていきます。
お顔や金具には触れないで
甲冑の金物はデリケート。手の油は変色の原因となります。
また、金属の小物や道具類のサビを防ぐため、直接手で触れないよう、
飾る際は必ず布製の手袋をしてください。
鎧・兜・大将飾りの飾り方

鎧・兜・大将飾りのしまい方

乾燥した日に片づけましょう
片づけは湿気を一緒にしまわないよう、晴れて乾燥した日に行います。
収納場所は押入れの上段など湿気の少ない場所を選びましょう。
乾燥した日に片づけましょう
ホコリを払いましょう
鎧・兜も大将も毛ばたきでホコリを払い、黒塗りの台などは柔らかい布で指紋を拭き取ります。
大将の顔や手に直接触れないよう、手袋をして作業を行い、顔には和紙を掛けます。
(新聞紙、色紙などはインクの油分があるので使いません。)
ホコリを払いましょう

節句人形でわからないことがあったら、節句人形アドバイザーにお気軽にご相談ください。

節句人形アドバイザーについてはこちらから