五月人形の選び方

内飾り

鎧には一般鎧と、名将鎧と奉納鎧の3種類がございます。

  • 一般鎧
  • 名将鎧
  • 奉納鎧

名将鎧は名将のたくましさ、名将にあやかり出世するようにとの願いが込められています。
また、奉納鎧は、平安・鎌倉時代に、祝い事や祭事の際、神社やお寺に奉納された鎧をモデルにつくられています。

鎧・兜・大将飾りは、着用できる大きさの鎧もあれば、サイドボードに乗せられる小型の大将飾りもあります。
来店前に飾るスペースのサイズを測っておくと便利です。

有名作家

甲冑作家
甲冑作家
鎌倉時代の技を再現
極限の美に挑む国宝甲冑への挑戦

冑作家 力石甲人 作品

人形作家・伝統工芸士
伝人形作家・伝統工芸士
大量生産をきらい、限定製作に徹し、木目込人形の本当の味わい・技術を多くの人々にわかっていただきたく、今なお修行の日々を送っています。

人形作家・伝統工芸士 作品

人形作家
人形作家
木目込人形は、ほのぼのふっくらとした顔立ちが特徴です。

人形作家 作品

甲冑作家・東京都指定伝統工芸士 加藤鞆美
甲冑作家・東京都指定伝統工芸士
古代甲冑研究の第一人者で、修復等も数多く手がけている加藤鞆美。
機会ある度に日本全国に所蔵されている鎧・兜を実地に調べ、研究精神を重ねています。

甲冑作家・東京都指定伝統工芸士 作品

外飾り

こいのぼりは6メートルのものから、女性一人でも組み立ての出来るベランダ鯉まで大きさは様々。

最近のこいのぼりは、ほとんどナイロンかポリエステル素材です。
軽くてよく泳ぎ、雨にぬれてもすぐに乾くのが特徴です。
中でも撥水加工がしてあるこいのぼりなら、急な小雨が降っても安心です。

  • 鯉のぼりセット
  • ベランダ鯉
手描き鯉のぼり

武者絵のぼりは「大のぼり」とも呼ばれます。

名もない農民から、才知を生かして一代で天下人となった太閤秀吉や有名な川中島の合戦などが描かれています。

太閤秀吉の武者絵のぼりには、千成びょうたんがおすすめ。
勝利の旗印は縁起物として大変喜ばれます。

こいのぼりや武者絵のぼりを掲げる際、昔ながらに木で揚げる方法と、金属ポールを用いる方法があります。

それぞれに利点がありますが、収納スペースや少人数で設置できることから、金属ポールを使われる方も増えてきています。

出世 千成びょうたん

伝統工芸士による総手描き作品

いわき絵のぼり絵師 三代目 辰昇

いわき絵のぼり絵師 三代目 辰昇
先祖伝来の構図を受け継ぎながらも、
なお多くの古作に学び、優れた幟旗を生み出している。
その腕前は現存の幟旗師としては
全国的にも随一との賞賛を得ています。
福島県指定伝統工芸品 いわき絵のぼり
福島県いわき市の「いわき絵のぼり」は、浮世絵に影響を受けた画風と、発色の鮮やかな総手描き顔料染めが特色の福島県指定伝統工芸品です。全国的にも手描きの幟業者が減り、印刷物が主流になっていく中、江戸時代から伝統を守り、お子様の健やかな成長を願い制作されています。

伝統工芸士 作品

※はなふさでは、「いわき絵のぼり」の売り上げの一部を東日本大震災義援金として
寄付させていただきます。

はなふさ特典

五月人形ご予約のお客様にプレゼント!

節句人形でわからないことがあったら、節句人形アドバイザーにお気軽にご相談ください。

節句人形アドバイザーについてはこちらから