盆提灯 帰り道を照らすのは 盆提灯のやさしい灯り おかえりなさい ご先祖様

盆提灯のいわれ

故人が亡くなって四十九日の忌明けの後、初めて迎えるお盆を初盆(または新盆)といいます。

四十九日より前にお盆を迎えた場合は、翌年のお盆が初盆となります。

初盆の際は、通常よりも盛大に仏間を飾ります。

これは、先祖や故人の霊が迷わず帰って来られるよう迎え火や送り火の意味を持ちます。
一般的に旧暦の七夕をすぎた頃から飾ります。

仏壇や精霊棚を中心としてバランスを見ながら対で飾ります。
※宗派による大きな違いは特にありません。

盆提灯の種類

地元産にこだわるオリジナル盆提灯

大切にしたいのは家族の絆そして故郷(ふるさと)はなふさが推奨する「オリジナル盆提灯」
地元で植林された素材だけを厳選したご当地盆提灯をご家族・親族の迎え火・送り火としてご利用下さい。

鳥取県産「智頭杉」

冬が長く雪の重さに耐えた智頭杉は年輪が分厚くしっかりしており、柾目に挽いても綺麗なストライプ模様が現れます。
そして、趣のある香りがふるさとを感じさせる、地元が誇る逸材の銘木です。

島根県産「奥出雲本欅」

一般的に欅と呼ばれる中でも島根県産の本欅は土壌にすぐれ、尚且つ風雪に耐え厳しい環境でたくましく育った他に類をみない最高級の素材です。

大内行灯
家紋入れ

二重無地、花柄、山水柄に家紋を入れた提灯です。

山水柄
山水柄
花柄
花柄
絹二重無地
絹二重無地
世界三大銘木

黒檀(こくたん)紫檀(したん)鉄刀木(たがやさん)を使用した天然素材の提灯です。

鉄刀木
鉄刀木
紫檀
紫檀
対柄提灯

向かいあわせの柄や対で一つの風景を描いた提灯です。

対柄提灯

【対柄】
左右の絵柄が対称または揃って1つの絵となる柄を対柄といいます。

山陰の風景画シリーズ

山陰各地の親しみ深い郷土の美しい景色を描いた盆提灯です。

三徳山
三徳山
砂丘
砂丘
宍道湖
宍道湖
大山
大山
吊り提灯

吊り提灯にも家紋入れ受付いたします。

住吉
住吉
御殿丸
御殿丸
壺型
壺型
切子
切子
その他の提灯

インテリア感覚を持ち合わせた創作提灯

彩りを添える
蓮の花・霊前灯

はなふさ特製家紋台

盆提灯とセットで飾れます。普段は床の間飾りとしてご使用ください。
その他、家紋額、線香、ローソクも取り扱っております。