赤ちゃんの誕生や成長を祝う行事はかなり古くから行われています。
成長の節目節目で我が子の無事な発育を祈る親心には
今も昔も変わりはありません。
こうした古来から伝わる日本の美しい伝統文化を大切にし、
次の世代へ継承していきたいと考えています。

帯祝い

帯祝いは着帯(ちゃくたい)の祝いともいい、妊娠5ヶ月目の戌(いぬ)の日に初めて腹帯を巻き、安産を祈る習慣です。

犬は多産でお産が軽いとされ、これにあやかるようにと戌の日を選びます。

また妊娠5ヶ月ともなると、胎児の形もしっかりしてきます。

この時期に腹帯を巻き、冷え込みを防いで、赤ちゃんの位置を保ってあげるのは医学的にみても効果があります。

帯祝いに使う腹帯は「岩田帯(いわたおび)」と言い、正式には紅白の絹地を用い、翌日からは普段用の白木綿の腹帯に替えます。

お七夜

赤ちゃんが産まれて7日目の夜を「お七夜」といいます。

法律的には2週間以内に「出生届」を提出しなければなりませんから、赤ちゃんの名前もそれまでにつければよいのですが、昔から「お七夜」のこの日に名前をきめて「命名」のお祝いをします。

名前が決定したら命名書、半紙などに赤ちゃんの名前と生年月日を大きく書き、神棚や床の間など、すぐ目に付くところに貼っておきます。

その時、神棚には御神酒(おみき)、赤飯を一緒に供えて我が子の無事な出生を報告し、前途の幸福を祈ります。

出産祝

知り合いに赤ちゃんが産まれたら、すぐにでもかけつけてお祝いを言いたくなるものです。

しかし、産婦も赤ちゃんもお産の疲れから回復していませんから、家族以外は回復を待ってからお祝いに行くのがエチケットです。

お七夜が過ぎて命名も終わってからがよいでしょう。

出産祝いは、赤ちゃんに必要なものはある程度揃えているでしょうから、何がほしいか聞くのが一番です。それが無理なら、生後3ヶ月以降に必要になるもの、ふだん着や肌着、よだれかけといった毎日使うもの、少し大きめのサイズのものなどを贈ったほうが喜ばれます。または現金にするのもよいでしょう。

宮詣り

「産土(うぶすな)詣り」とよばれていた「お宮詣り」は、赤ちゃんが産まれて初めて産土神(うぶすながみ)、つまり氏神様にお詣りし、氏子(うじこ)の仲間入りをする行事で、男児は生後30日目か31日目、女児は31日目か32日目とされていますが、地方によって若干異なります。

1ヶ月検診後をめどに、母子の健康状態や天候を考えて日程を決めたらよいでしょう。

お宮詣りを済ませた後は、出産を祝ってくださった(仲人)、親類や知人宅へ赤飯など内祝いの品を添えて挨拶へ出向いたり、また、家族で祝いの善を囲んだりとそれぞれの方法で子供の誕生を祝福します。

お喰い初め

お喰い初めとは、生後100日目に赤ちゃんが一生食べ物に困らないように願って行う行事で、地方によっては110日目や120日目に行うところもあります。

お喰い初めの祝い膳は、正式には一汁三菜の膳を用意し、近親者で長寿の人に介添え役を頼んで、赤ちゃんに食べさせるまねをします。この時、お祝いに使う赤ちゃんの食器は新しく揃えます。

この儀式には順調に育ってきた赤ちゃんが正式に家族、親族の仲間入りをする意味があるので、「お喰い初め」の祝宴には両親と父方、母方の親戚を招いて、赤ちゃんの成長をお祝いします。

初正月

赤ちゃんが産まれて初めて迎える新年を、初正月といいます。

この初正月に、厄払いの縁起物として男の子には破魔弓を、女の子には羽子板を贈ってお祝いする風習が昔からあり、今なお受け継がれています。

羽子板も破魔弓も、ともに古来からの行事であった新春の年占いや厄払いがその始まりです。

男の子が弓矢で的を射て年占いをしたのが後に破魔弓になり女の子が正月に羽をついて、その年の厄払いをしたのが後に美しい羽子板を生み出したのです。

初節句

赤ちやんが産まれて初めて迎える節句を初節句といい、男の子は5月5日の端午(たんご)の節句、
女の子は3月3日の桃の節句に我が子の将来の幸せを祈り、祝福するお祝いです。

どちらも奇数月の同じ数字の重なる日(1月1日、3月3日、5月5日…)をおめでたい日としていた慣わしからきています。
山陰地方でも鳥取、倉吉は新暦の3月3日、米子、松江、出雲、兵庫県但馬地方では月おくれの4月3日に祝うところが多いようです。

桃の節句

桃の節句は「弥生の節句」「上巳の節句」(上巳とは、3月初めの巳の日のこと)とも呼ばれ、ひな人形を飾り美しく健やかな成長を祈ります。平安時代から伝わる伝統行事です。

昔の人々は、人間の災厄や穢れ、病気などを人形(ひとがた)に代わらせることができると信じていました。初めは紙や稲わらで作った人形、型代に願いを込めて、お酒やご馳走を供え、お祀りして川や海へ流したものです。この民間行事が、当時宮廷貴族の間で行なわれていた「ひいな祭り」と一つになって、次第に形を整えながら、現在のひな祭りとなったのです。

男児のおひなさま
地方によっては3月3日(または月遅れの4月3日)のひな祭りに、男児・女児を同時に祝う風習があり、男の子には男児のひな人形として「天神さま」が飾られます。天神さまとは菅原道真公のことです。
平安時代、大学者菅原道真公は破格の昇進をして国政に参加したため、後に学問の神、書道の神として広く親しまれていました。そのころ民衆の間では天神(雨や雷を伴う強い神)を崇める風習があり、それに道真のすぐれた才能を結びつけて、子供が学問ができるよう、字が上手になるよう、また健康でたくましく成長するようにと願って天神さまを飾るようになりました。

端午の節句

端午の節句は「菖蒲の節句」(端午とは、月の初めの丑の日のこと)とも呼ばれ、屋外には鯉のぼり、大のぼりを揚げ、屋内には子供大将、兜、鎧などを飾り、健やかに成長することを祈ります。もともと中国の行事だったのが日本に伝わり、奈良時代から行なわれている伝統行事で、歴史が大変古いものです。

初めは宮廷で軒に菖蒲や蓬(香りが強いもの)を挿し、綜や柏餅を食べて邪気を払うことによって病気や災厄にかからないように祈っていました。それが鎌倉時代から武家社会になると「菖蒲」と「尚武」(武道・武勇を重んじること)をかけてますます盛んになり、江戸時代武士から一般の人々の間にも男児の誕生や成長を祝う日として広まったのです。現代では5月5日は子供たちが健やかに成長することを願う国民的行事「子供の日」となっていますね。

初誕生

初誕生日は「歩き祝い」、「餅誕生」ともいわれていました。満一歳でヨチヨチ歩きが出来るようになったのを祝う意味と全国的にこの日は餅をつく習わしがどこの土地にもあったためそのようにいわれています。

餅をついて、赤ちゃんに鏡餅を背負わせて歩かせました。健康で、力持ちの子供に育ってほしいという願いが込められているのはもちろんですが、立ち歩きしたといっては体力をほめ、倒れたといっては、この子は家を遠く離れて暮らすようにはならないだろうと喜んだりもしました。

この他餅を小さな足で踏ませたり、男の子にはそろばん、筆、すずり、女の子には、物さし、糸などを並べて取らせ将来を占ったりもしました。

紐落し

三歳、五歳、七歳になった子供の成長を祝って、11月15日に神社に参拝する七五三は、もともと士族の行事でした。

かつて武家社会では男女とも三歳になると、「髪置きの儀」といって乳児の髪型から初めて髪を伸ばし始める儀式をしました。

さらに男の子は五歳で初めて袴をつける「袴着の儀」をし、女の子は、七歳で「帯解の儀」「帯直しの儀」または「紐落しの儀」として着物に付いている紐をやめ、初めて本式の帯を締める儀式を行いました。これが七五三の起こりです。

地方によっては昔どおり男の子は三歳と五歳、女の子は三歳と七歳を祝うところもありますが、山陰地方では七五三のことを「紐落し」とも呼び、男女とも満三歳からお参りしてお祝いします。

七五三は本来、数え年で祝いますが、現在では満年齢で祝う場合が多く、どちらでもかまいません。

兄弟との年齢差や、子供の成長の具合を見て決めましょう。

日取りも暦の上では11月15日になっていますが、現代ではこの日にこだわらず、家族の都合を考えてその前後の吉日に行う方が多いようです。